BMWグループ、売上高が2年ぶりに増加 2019年第2四半期決算

BMWグループのドイツ本社
  • BMWグループのドイツ本社
  • BMWグループのドイツ本社

BMWグループ(BMW Group)は8月1日、2019年第2四半期(4~6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、MINIやロールスロイスを含めたグループ全体の第2四半期の総売上高は、257億1500万ユーロ(約3兆0790億円)。前年同期の249億9300万ユーロに対して、2.9%増と2年ぶりに前年実績を上回った。

一方、第2四半期の純利益は、14億8000万ユーロ(約1772億円)。前年同期の20億7600万ユーロに対して、28.7%の減益となっている。

減益となったのは、研究開発費が増加したことに加えて、不利な為替相場や原材料価格の上昇などの影響によるものだ。将来のモビリティなどに向けた研究開発費は、前年同期に対して5.9%増えている。

BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「EVとプラグインハイブリッド車(PHV)によって、eモビリティを拡大し、内燃機関の最適化も続けていく。燃料電池のような新技術にも投資している」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラが赤字縮小、売上高は58%増 2019年第2四半期決算 画像 テスラが赤字縮小、売上高は58%増 2019年第2四半期決算
  • アウディの営業利益16%減、研究開発費の増加が一因 2019年上半期決算 画像 アウディの営業利益16%減、研究開発費の増加が一因 2019年上半期決算
  • ポルシェの営業利益3%増、新車販売が過去最高に 2019年上半期決算 画像 ポルシェの営業利益3%増、新車販売が過去最高に 2019年上半期決算
  • ボルボカーズ、売上高と世界新車販売が過去最高に 2019年上半期決算 画像 ボルボカーズ、売上高と世界新車販売が過去最高に 2019年上半期決算

特集