三菱自動車の回復足踏み、世界生産は5.3%減で3年ぶりマイナス 2019年上半期

三菱デリカD:5 新型
  • 三菱デリカD:5 新型
  • 三菱eKクロス

三菱自動車は7月30日、2019年上半期(1~6月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比5.3%減の67万6606台と3年ぶりに前年実績を下回った。

国内生産は同6.5%減の31万0285台で2年ぶりのマイナス。海外生産も同4.2%減の36万6321台で3年ぶりのマイナスとなった。

国内販売は同3.2%増の5万8256台で3年連続のプラス。登録車は新型『デリカ D:5』などが好調で同3.4%増の2万6755台、軽自動車も新型『eKワゴン/eKクロス』が貢献し、同3.1%増の3万1501台と順調だった。国内シェアは前年同期と同じ2.3%だった。

輸出は同16.9%減の18万6346台で2年ぶりのマイナス。北米向けの輸出が減少した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ世界販売、2%増の531万台 2019年上半期 画像 トヨタ世界販売、2%増の531万台 2019年上半期
  • 日産の世界生産台数、10.9%減で6年ぶりの250万台割れ 2019年上半期 画像 日産の世界生産台数、10.9%減で6年ぶりの250万台割れ 2019年上半期
  • スバルの世界生産台数、操業停止が響き2.0%減の48万8757台 2019年上半期 画像 スバルの世界生産台数、操業停止が響き2.0%減の48万8757台 2019年上半期

特集

おすすめのニュース