DiDi、青森でタクシー配車プラットフォームを提供開始 国内8エリア目

タクシー配車プラットフォームサービス(イメージ)
  • タクシー配車プラットフォームサービス(イメージ)
  • タクシー配車プラットフォームサービス(イメージ)

中国・DiDi社の日本法人 DiDiモビリティジャパンは7月29日、東北地方初となる青森エリアにてタクシー配車プラットフォームを提供開始した。

DiDiは、タクシー配車アプリ「DiDi Taxi」、ヒッチハイクアプリ「DiDi Hitch」、自転車シェアアプリ「DiDi Bike-Sharing」など、世界中で幅広い交通手段を提供する、世界最大級の交通プラットフォーム。現在、日本をはじめ、中国、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、チリ、コロンビアで、1000都市以上で提供している。

DiDiモビリティジャパンは、タクシー配車プラットフォームサービスを提供することを目的として、Didi社とソフトバンクの共同出資で設立し、2018年9月よりサービスの提供を開始。今回開始した青森エリアは、大阪、京都、兵庫、東京、北海道、広島、福岡に続く国内8エリア目の展開となる。

今回の展開により、青森市(旧南津軽郡浪岡町の区域を除く)、弘前市、中津軽郡西目屋村、五所川原市、つがる市(旧西津軽郡柏村の区域に限る)、北津軽郡中泊町、板柳町、鶴田町でDiDiが利用可能となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 高齢者を対象の定額タクシー、JTBが群馬県で実証実験へ 画像 高齢者を対象の定額タクシー、JTBが群馬県で実証実験へ
  • MaaSの概念を導入した世界初の都市交通インフラの実証実験 ZMPと日の丸タクシーほか5社 画像 MaaSの概念を導入した世界初の都市交通インフラの実証実験 ZMPと日の丸タクシーほか5社
  • 自動運転タクシーと空港リムジンバスを連携、世界初の都市交通インフラの実証計画始動 画像 自動運転タクシーと空港リムジンバスを連携、世界初の都市交通インフラの実証計画始動