交通事故死者数が過去最少 2019年上半期

イメージ
  • イメージ
  • 交通死亡事故件数の推移(上半期)

警察庁が発表した2019年上半期(1~6月)の交通死亡事故発生件数は前年同期より185人少ない1418人と、統計開始以来、過去最少となった。

人口10万人当たりの交通事故死者数も1.12人で、前年同期から0.15人減った。

全死者数のうち、約半数が歩行中と自転車乗車中で、このうち、歩行中が501人、自転車乗車中が489人だった。約3分の2で横断違反や信号無視、安全運転義務などの法令違反があった。

75歳以上の高齢運転者による死亡事故は172件で横ばいだった。運転操作や漫然運転、安全不確認などが主な原因。

幼児の死者・重症者数は132人、小学生が416人だった。幼児・小学生の死亡事故の約6割が歩行中だった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 高齢ドライバーの死亡事故、半数近くが「認知機能低下の恐れ」[新聞ウォッチ] 画像 高齢ドライバーの死亡事故、半数近くが「認知機能低下の恐れ」[新聞ウォッチ]
  • 「ながら運転」が死亡事故につながる比率は2.1倍…2018年の交通事故の特徴 画像 「ながら運転」が死亡事故につながる比率は2.1倍…2018年の交通事故の特徴
  • 高齢者の人口10万人当たり死者数は全年齢層の2倍 2018年上半期 画像 高齢者の人口10万人当たり死者数は全年齢層の2倍 2018年上半期
  • 【日産 スカイライン 新型】400馬力オーバー、歴代最強の 400R[詳細画像] 画像 【日産 スカイライン 新型】400馬力オーバー、歴代最強の 400R[詳細画像]

特集