100世帯当たりの軽保有台数、前年比プラスの54.41台 トップは鳥取県

ホンダN-BOX
  • ホンダN-BOX
  • 日産デイズ

全国軽自動車協会連合会が発表した、2018年12月末現在の軽四輪車保有台数と世帯当たり普及台数によると、100世帯当たり普及台数は前年比0.06台増の54.41台だった。

世帯数(外国人世帯数を除く)は5699万6515世帯で前年と比べて38万2516世帯増えた。これに対して軽四輪車の保有台数は3101万3373台で24万2095台増加。この結果、100世帯当たり軽四輪車の普及台数は、100世帯当たり54.41台、1.83世帯に1台となった。

100世帯当たりの軽四輪車普及台数は、1976年3月末では15.9台だったが、その後は年々増加。1982年には100世帯に20台を超え20.2台、1988年には100世帯に30台を超え31.9台、2000年には100世帯に40台を超え40.8台、2011年には100世帯に50台の大台を超える50.3台となった。

地域別で100世帯当たりの普及率が高いのは、1位が鳥取県(103.5)で、以下、佐賀県(103.3)、長野県(103.2)、島根県(101.4)、山形県(100.7)の順。いずれも1世帯に1台以上の普及台数となっている。反対に普及率が低かったのは、東京都(11.9)、神奈川県(23.1)、大阪府(28.1)、埼玉県(41.3)、千葉県(41.6)の順だった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 「軽自動車では助からない」は本当か?…ホンダがオフセット衝突実験を公開[動画] 画像 「軽自動車では助からない」は本当か?…ホンダがオフセット衝突実験を公開[動画]
  • 新車販売総合、3連覇の N-BOX などトップ4を軽自動車が独占 2019年上半期車名別 画像 新車販売総合、3連覇の N-BOX などトップ4を軽自動車が独占 2019年上半期車名別
  • 曙ブレーキ、軽専用ブレーキパッド「K4」に新型ジムニー用を追加 画像 曙ブレーキ、軽専用ブレーキパッド「K4」に新型ジムニー用を追加
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース