ナビタイム乗換検索、ビジネスコラボレーションハブ「Slack」と連携

NAVITIME for Slack サービスイメージ
  • NAVITIME for Slack サービスイメージ

ナビタイムジャパンは7月2日、Slackジャパンが提供するビジネスコラボレーションハブ「Slack」と連携、Slack向け乗換検索アプリ「NAVITIME for Slack」の提供を開始した。

Slackは、チームの生産性の最大化を支援し、組織をまたいだオープンでスピーディなコミュニケーションを可能にするビジネスコラボレーションハブ。世界中の様々な企業で活用されている。

今回の連携により、新たに外部の乗換サービスを利用することなくSlack上からそのまま乗換検索が可能となった。乗換検索は、JR、私鉄、地下鉄、新幹線、バスなど全国の交通機関に対応。また「路線バスを利用する」「有料列車を利用しない」など、交通機関の利用可否を詳細に設定でき、自分に合わせた経路の検索ができる。さらに電車遅延などの運行情報にも対応し、検索した経路内で遅延などが発生した場合、運行情報の詳細をSlack上で確認できる。

さらに、「/navitime [出発地] から [到着地] 」と入力するだけで、NAVITIME for Slackが最適な経路を自動返信する機能を備えるほか、検索した乗換経路は、チャンネルやチームメンバーを選択するだけで簡単に共有できる。

NAVITIME for Slackは無料で利用できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集