伊ロードバイクブランド「デローザ」、ピニンファリーナデザインによる新ロゴ発表

イタリアの名門ロードバイクメーカー「DE ROSA(デローザ)」は、ピニンファリーナデザインによる新ロゴを発表した。

デローザは、ウーゴ・デ・ローザ氏が18歳で独立して1953年に創業したイタリアの老舗ブランド。レースでの実績でコアなサイクリストから支持される一方、ハートを使ったロゴで女性からの人気も高い。また、ピニンファリーナは、バッティスタ・ピニン・ファリーナが1930年に創業した、イタリア最大のカロッツェリア。フェラーリなどのデザインで知られる。

今回、デローザとピニンファリーナ、イタリアを代表する優れたデザイン性を持つ2社のパートナーシップにより、新ロゴが誕生。デローザの60年以上にわたる歴史と、その先見性に富んだ価値観の統合を象徴したものとなっている。

新ロゴの字体はデローザブランドの鋭い特徴を維持しつつ、形はより現代的なデザインで再解釈れたものになった。「加速」字体の一種で拡張された形は急速な水平方向の動きを示唆。徐々に活力を増し、より早く、未来へと開かれるイメージをレタリングで表現している。また、デローザの象徴とも言えるハートマークは、チューブ断面の円形比率や、バイクを構成する曲面を持ったパーツを活用しながら、絶対的なスタイルで、技術的な完璧さを携えた「脈動的」な要素となっている。
《纐纈敏也@DAYS》
【画像】伊ロードバイクブランド「デローザ」、ピニンファリーナデザインによる新ロゴ発表(4枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース