毎分686リットルのかけ流し---山口温泉 国道20号

山梨県甲斐市の住宅街の中にある山口温泉。
  • 山梨県甲斐市の住宅街の中にある山口温泉。
  • 山口さんが掘り当てた温泉なので山口温泉なのだそうだ。湯量も豊富で泉質もよい。
  • 湯治の湯のような感じで、立ち寄り入浴のみ。午前九時から午後7時半までだが午後6時までは大人のみ利用可能だという。
  • 特徴が手書きで紹介されていた。
  • 古風な体重計が廊下に置かれる。
  • すでに30年ほど営業しているのだという。検索されることもあって「こちらから掲載ということはしていないですが、カーナビなどでも出てくるようですね」と話す。スマホの検索やカーナビに表示される温泉に穴場スポットも多いので見逃せない。
  • 地元の牛乳の旧スタイルの瓶牛乳はつい手が伸びる。温泉に入浴した後は、ビタミンも豊富な牛乳を飲むのは理にかなった行動だ。
  • 開き開きに訪れたが、先客もいて、後からも利用者が目白押しだった。ゆっくりと漬かれるぬるめのお湯が魅力だ。

しばしば通る機会のある国道20号線。東京から西に向かい甲府昭和インターを過ぎてしばらくしたところに、ナビに案内が出てきた山口温泉。ふらりと立ち寄る温泉として、試しておくべき名湯と言える。

早朝に甲府で湯に入ると言えば町の中心に近い「草津温泉」が定番か。さもなければ少し郊外へ行って、というのが一般的な選択肢だ。しかし、ちょうどラジオが午前9時の時報を告げるころ甲府近くを差し掛かった。早朝というにはやや遅く、かといって、日帰り入浴は10時からという施設が多い中、この9時オープンの山口温泉のそばを通ったのは何かの縁ではないか、と初めて立ち寄った。

住所は山梨県甲斐市。その昔、畑の真ん中から温泉が湧き、以来湯治の湯としても親しまれているという。今はすっかり住宅街の真ん中だ。

営業開始直後に入るとすでに先客が。常連やファンが多いようだ。「もう30年以上になりますか、毎分100リットルもあれば温泉施設はできるでしょう。うちは沸いたまま毎分686リットル出ています」と番頭さん。

「草津温泉がお好き? 熱めで副交感神経を刺激して、朝入ると『今日もがんばるぞ!』っていう気になるでしょうね。それに対してうちのはぬるめですので、ゆっくり入ってもらえますが、本当は寝る前がいいかもしれませんね」

水質・効能も大事だが、豊富な湯量は何にも代えられないのではないか。入る者を豊かな気持ちにさせる。山口温泉は920メートルの地下の源泉から直結で自噴する。飲めば糖尿病や通風などにも効果的だという。露天風呂に入ると、もうすぐ収穫の時期を迎える桃の香りだろうか、微かに風に乗ってきた。

《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

  • さむい! 幕張メッセの前に朝風呂---佐倉天然温泉澄流 東関道四街道IC 画像 さむい! 幕張メッセの前に朝風呂---佐倉天然温泉澄流 東関道四街道IC
  • JFEエンジニアリング、温泉バイナリー発電の事業化調査 福島復興 画像 JFEエンジニアリング、温泉バイナリー発電の事業化調査 福島復興
  • 「夜明薬湯温泉」で内から外から温まる…オートポリス観戦時にもおススメ 210号筑後街道 画像 「夜明薬湯温泉」で内から外から温まる…オートポリス観戦時にもおススメ 210号筑後街道
  • 「温泉むすめ」、クラリオンのダウンロードボイスに7キャラクター追加へ 画像 「温泉むすめ」、クラリオンのダウンロードボイスに7キャラクター追加へ