4月の新車総販売は3.4%増…スバル登録車は1年半ぶりにプラス

スバル・フォレスター
  • スバル・フォレスター
  • トヨタ・カローラスポーツ
  • ホンダN-BOX

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5月7日に発表した4月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比3.4%増の37万8687台と2か月ぶりのプラスとなり、堅調に2019年度のスタートを切った。

このうち登録車は2.5%増の23万0954台で、2か月ぶりのプラスだった。ブランド別では、最量販のトヨタ自動車が7.5%増で2か月ぶりのプラスとなった。また、SUBARU(スバル)は14.6%増と2ケタの伸びを確保するとともに、17年11月から1年5か月に渡っていた長いマイナスのトンネルをようやく脱した。

一方で、新モデルの息切れ感があるマツダ(21.0%減)や、前会長の逮捕問題で揺れている日産自動車(22.8%減)が大幅な減少となった。

軽自動車も4.9%増の14万7733台で、2か月ぶりのプラスとなった。メーカー別では主力モデルを全面改良して投入した三菱自動車工業が32.5%増、日産が12.2%増と大幅に伸ばした。ベストセラーモデルを抱えるホンダも9.9%増と好調で、同月のシェアは20.2%と2割台に乗せている。

日本自動車工業会が3月にまとめた19年度の国内新車需要見通しによると、総台数は18年度実績比0.7%減の522万3400台としており、15年度以来4年ぶりのマイナスとなる。ただし、4年連続で500万台ラインは維持する。このうち登録車は0.4%増の335万1400台、軽自動車は2.7%減の187万2000台と予測されている。自工会は景気拡大の勢いが弱まることで、需要は下押し傾向になると見ているが、4月はまずまずの出足となった。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 国内新車総販売は1.2%増の526万台と3年連続プラス 2018年度 画像 国内新車総販売は1.2%増の526万台と3年連続プラス 2018年度
  • スバル レヴォーグ 改良新型を発売へ…2つの特別仕様車を追加 画像 スバル レヴォーグ 改良新型を発売へ…2つの特別仕様車を追加
  • 日産・三菱、新型軽自動車のオフライン式を実施…3月中に発売予定 画像 日産・三菱、新型軽自動車のオフライン式を実施…3月中に発売予定
  • トヨタ ヴェルファイア、標準デザインで中国初上陸…上海モーターショー2019[詳細画像] 画像 トヨタ ヴェルファイア、標準デザインで中国初上陸…上海モーターショー2019[詳細画像]

特集