PSAグループ、純利益は40.4%増 2018年通期決算

PSAグループ各車
  • PSAグループ各車
  • オペル・アストラ

PSAグループ(PSA Group)は2月26日、2018年の通期(1~12月)決算を発表した。

同社の発表によると、グループ全体の売上高は、740億2700万ユーロ(約9兆3140億円)。前年の622億5600万ユーロに対して、18.9%増と伸びて、2年連続のプラスとなった。

また、2018年通期の純利益は、32億9500万ユーロ(約4145億円)。前年の23億4700万ユーロに対して、40.4%増と大幅な増益を果たす。黒字は4年連続だ。

2018年の世界新車販売台数(ノックダウン生産分を含む)は387万7765台。前年比は6.8%増と、5年連続で前年実績を上回った。牽引したのは欧州だ。PSAグループの2018年の欧州新車販売は、前年比30.6%増の310万6160台と、5年連続のプラスだった。オペル加入の効果が持続する。

PSAグループ取締役会のカルロス・タバレス会長は、「5年連続で大幅な進歩を遂げ、Push to Pass戦略計画の第1段階を完了し、優れた結果をもたらした。これは、PSAグループが収益性のある安定した成長を遂げることができることを示している」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集