メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク に新型…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

メルセデスベンツCLAシューティングブレーク現行型
  • メルセデスベンツCLAシューティングブレーク現行型
  • メルセデスベンツCLAシューティングブレーク現行型
  • メルセデスベンツCLAシューティングブレーク現行型
  • メルセデスベンツCLAシューティングブレーク現行型
  • メルセデスベンツ(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • メルセデスベンツ(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images

メルセデスベンツは2月20日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、新型『CLAシューティングブレーク』(Mercedes-Benz CLA Shooting Brake)を初公開すると発表した。

CLAシューティングブレークは2014年11月、欧州で発表された。『Aクラス』ベースの4ドアクーペ、『CLAクーペ』に追加された第2のボディバリエーションだ。シューティングブレークとは、クーペとステーションワゴンを融合したデザインが特徴で、クーペの美しさとワゴンの機能性を1台にまとめている

ジュネーブモーターショー2019で初公開予定の新型CLAシューティングブレークは、2世代目モデルとなる。初代のデビューからおよそ4年半を経て、モデルチェンジを行う。メルセデスベンツは2019年1月、米国ラスベガスで開催されたCES 2019において、新型CLAクーペを発表済み。同車のシューティングブレーク版が、ジュネーブモーターショー2019でデビューする。

メルセデスベンツは新型CLAシューティングブレークについて、インテリアにはインテリジェントなデジタル技術を採用し、スマートなユーザーインターフェースを持つ。『Sクラス』の機能を取り入れた最新の先進運転支援システム(ADAS)が特徴で、セグメントで最高レベルの安全性を備える、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集