トヨタ紡織、プロバスケ「シーホース三河」ホームのVIPシートをデザイン開発

トヨタ紡織は、B.LEAGUEで活躍する男子プロバスケットボールチーム「シーホース三河」のホーム試合を観戦するアリーナシートのデザイン開発を行ったと発表した。

このアリーナシートは、来場者に特別感あふれるラグジュアリーな空間を提供するため、シーホース三河が新たに導入するシート。同社はそのコンセプトのもと、主にデザイン、座り心地評価を担当し、快適な空間づくりに貢献した。シートの製作は、公共施設の椅子などの製造・販売大手であるコトブキシーティングが担当した。

今回のアリーナシートでは、シーホース三河の応援カラーである「シーホースブルー(青色)」を基調としたグラデーションと、選手のユニフォームをイメージした柄によって、選手とファンのつながりを表現。また、人間工学に基づいてシート形状、座面やアームレストの高さなどを最適化することで、ラグジュアリーなシートにふさわしい、ゆったりとした快適な座り心地を実現した。さらに、ペアシートを壁で仕切り、周囲の目線が気にならないプライベート空間を確保しながらも、目線位置にアクリル材の半透明の窓を設けることで、開放感や会場との一体感を両立した。

設置されたのはウィングアリーナ刈谷(愛知県刈谷市)で、座数は4席(8名分)。2019年2月10日のホームゲームより導入される。

《丹羽圭@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース