中国政府、米国車に対する25%の追加関税を一時停止…2019年1月から3か月間

米国で生産されているGMのキャデラック・エスカレード
  • 米国で生産されているGMのキャデラック・エスカレード

中国政府の財政部は12月14日、米国からの輸入車に対する25%の追加関税を、2019年1月から3か月間、停止すると発表した。

現在、中国は米国からの輸入車に対して、40%の関税を課している。これは、今夏から米中の間で起きている貿易戦争の影響だ。米国政府は2018年7月、中国の知的財産侵害に対しての制裁を発表し、自動車などの中国製品に25%の関税を上乗せした。

これに対して、中国政府は2018年8月、米国からの輸入車などに、25%の関税を上乗せする報復措置を発表していた。その一方で、米国以外の国からの輸入車の関税は、15%に引き下げた。米国に対しては、この15%に25%を上乗せし、40%という高い関税となっていた。

中国政府の財政部は12月14日、米国からの輸入車に対する25%の追加関税を、2019年1月から3か月間、停止すると発表した。これにより、米国車に対する関税は、他の国からの輸入車と同じ15%になる。中国政府は、アルゼンチン・ブエノスアイレスで行われたG20での米中首脳会談における合意を受けた措置、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース