ボルグワーナー社、統合EGRソリューションでディーゼル車のNOx排出量削減に貢献

ボルグワーナー 統合EGR(排気再循環)ソリューション
  • ボルグワーナー 統合EGR(排気再循環)ソリューション

米ボルグワーナーは、世界各国の大手自動車メーカーに統合EGR(排気再循環)ソリューションを供給、NOx排出量削減に貢献している。

ボルグワーナーのEGRシステムは、排気ガスの制御可能な部分を給気に再循環することで、エンジン内部でNOx排出量を大幅に削減する、費用効率に優れた高度なソリューション。EGRクーラー、バイパス、EGR弁など、多様な技術が一つのコンパクトなパッケージにまとめられている。

熱吸収の最適化と燃焼室内の酸素濃度の低減によってNOx排出量を削減し、シリンダーのピーク温度を低下。これにより、ごく少ない冷却水流量でも効率性と耐久性能を向上させている。排出ガス規制がますます厳しくなる中、同社の統合EGRソリューションは、ディーゼル車のNOx排出量を削減し、Euro 6dをはじめとする最新規制への適合を可能としている。

ボルグワーナーのエミッションおよびサーマルシステムズの社長兼事業本部長のジョー・ファドゥール氏は、「当社は、内燃機関向けの高効率でクリーンな技術に対する需要に、この統合EGRシステムで対応している。単一コンポーネントでなくモジュール一式を供給することで、熱変換技術をリードするサプライヤーとしての地位を向上させたい」と述べている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集