重さペットボトル1本分! 軽量シェードテントを発売 DOD

ペットボトル1本分の重さでバックパックに入れられるシェードテント「サカナシェード」
  • ペットボトル1本分の重さでバックパックに入れられるシェードテント「サカナシェード」
  • 風に強い山岳テントに用いられる魚座型構造を採用
  • 強度と軽量性を兼ね備えたアルミ合金製フレームを採用
  • 収納時の長さは49cm。重さは1.5Lもしくは2Lのペットボトルほど
  • 極限まで収納サイズを絞れるコンプレッション機能を持ったキャリーバッグ付
  • 軽く、かさばらないので、女性や力のない方でも容易に取り扱える
  • 幅220cmの広く快適な日陰スペースで、大人4人がくつろげる
  • 側面のメッシュ窓から風が抜け、煽られる、倒れるといった事態を防止する

ビーズは10月15日、同社のアウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」より、ペットボトル1本分の重さでバックパックに入れられるシェードテント『サカナシェード』を発売する。

サカナシェードは、山岳テントに用いられる魚座型構造を採用。 強度と軽量性を兼ね備えたアルミ合金製フレームとの組み合わせにより、収納時の長さは49cm、重さは1.5リットルもしくは2リットルのペットボトル並みに抑えた。

また、収納サイズを絞れるコンプレッション機能付きのキャリーバッグが標準付属し、 バックパックやトートバッグにも入れやすく、バイクにも積載可能。組立は生地にポール3本を差し込んで固定し、ペグを打つだけ。設営と撤収を容易にしている。

軽量コンパクトな収納サイズにもかかわらず、 大人4人が十分にくつろげる幅220cmの日陰スペースを作ることができる。 また、側面に配したメッシュ窓が風の通り道となり、風で倒れにくいようになっている。

軽さ重視のブラックと、遮光性重視のベージュの2タイプを用意。ブラックは山岳テントにも使われるシリコンコーティングを施した軽量の40Dナイロン生地を使用し、重量約1.5kg。 ベージュは遮光コーティングとUVカット加工ずみの75Dポリエステル生地を使用し、重量約2kg。

組立サイズは共通で約220×160×120cm。収納サイズは、ブラックが約49×9×9cm、ベージュが約49×12×12cm。ともにオープン価格で、税別参考価格はブラックが1万5000円、ベージュが1万1250円。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集