新車登録台数、1.9%減の157万7732台で4年ぶりのマイナス…2018年度上半期

トヨタ・プリウス
  • トヨタ・プリウス
  • 日産ノートe-POWER

日本自動車販売協会連合会は10月1日、2018年度上半期(4~9月)の新車販売台数(軽自動車除く)を発表。前年同期比1.9%減の157万7732台と4年ぶりに前年を下回った。

車種別では、乗用車が同2.3%減の135万8575台。このうち、普通乗用車が同1.1%増の73万1790台、小型乗用車が同6.0%減の62万6785台だった。貨物車は同1.4%増の21万3187台。内訳は普通貨物車が同4.7%増の8万7022台、小型貨物車が同0.7%減の12万6165台だった。バスは同21.9%減の5970台だった。

ブランド別では、2位 日産は19万9494台(3.4%増)と順調に販売を伸ばしたが、首位トヨタは69万8542台(5.6%減)、3位ホンダも17万2475台(4.7%減)と伸び悩んだ。そのほか乗用車ブランドでは、マツダ、スズキ、レクサス、三菱、ダイハツがプラス。スバルはマイナスだった。

1位:トヨタ 69万8542台(5.6%減)
2位:日産 19万9494台(3.4%増)
3位:ホンダ 17万2475台(4.7%減)
4位:マツダ 8万1852台(7.1%増)
5位:スズキ 6万4770台(20.0%増)
6位:スバル 5万4493台(20.6%減)
7位:いすゞ 3万7156台(4.8%減)
8位:日野 3万3514台(8.3%増)
9位:レクサス 2万2774台(29.2%増)
10位:三菱自動車 2万0965台(24.0%増)
11位:三菱ふそう 2万0255台(6.3%減)
12位:ダイハツ 1万6773台(7.3%増)
13位:UDトラックス 4788台(6.0%減)

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集