「芋煮会」とクルマ趣味との関係

有志は前夜祭で芋煮会も!CG CLUB東北TTD
  • 有志は前夜祭で芋煮会も!CG CLUB東北TTD
  • CG CLUBのオフ会がTTD。
  • TTDとはTea Talk Drive。走って、お茶しておしゃべりをしよう、そんなクルマ好きならではの休日の過ごし方。
  • 台風が近づいていたにもかかわらず、この日、大勢の参加者が羽鳥湖高原に集まった。
  • 雨の中訪れたアルピーヌA310
  • 写真撮影に夢中の子供。クルマを身近に触れる機会。実は大掛かりなイベント以上に「集う」ことは貴重な機会だ。
  • お楽しみはじゃんけん大会。豪華賞品に参加者の気合も十分だった。
  • 貴重なミニカーも。今となっては懐かしい2代目プリウスのミニカー。

TTDは「Tea Talk Drive」。クルマでクルマ好き仲間と集い、お茶しておしゃべりしにドライブしよう、というコンセプトのミーティングだ。自動車専門誌『カーグラフィック』の読者のコミュニティ「CG CLUB」。そのオフ会がTTDだ30日。東北支部の東北TTDが開催された。

この日はあいにく台風の影響で日本列島あいにくの天候に見舞われたが、会場となった福島県の天栄村、羽鳥湖高原のエンゼルフォレスト那須白河の会場には、東北地方はもとより、遠方からも大勢のクルマ好きメンバーが集まった。

午後から台風の影響が強くなるということで、早めに集合写真を撮り、持ち寄られた、ノベルティやクルマ好きは思わず欲しくなる自動車関連グッズなどを獲得できるじゃんけん大会なども早めに実施。イベントは早めに切り上げられたが、クルマを囲んで話に花を咲かせたり、参加者のクルマに同乗したりして、つかの間のひと時、思い思いに参加者達は楽しんでいた。

有志は前日から会場に前乗りし、東北名物「芋煮会」を楽しんでいた。もともとは、収穫の時期に互いの労をねぎらい、また一年の自然の恵みに感謝しながら、仲間内の親交を深める芋煮会。東北地方秋の風物詩だ。今のように地域間の交流が簡単ではない時代からの文化であり、地域によってその作り方や具の種類などはまちまちだ。この日は山形のスタイルを基本に、一部福島県北部の具なども加わった芋煮に仕上がった。

本格的なキャンプでなくても、気軽な芋煮会はクルマで集うイベントにも実はうってつけだ。「これがきっかけで、秋の福島に来るのが楽しみ」と参加者の一人は話していた。東北地方に縁がないものにとっては、きっかけのない芋煮会だが、もっと東北を知り、身近に感じるためには、この「クルマで集う芋煮会」ほどいい機会もないのかもしれない。

《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース