新東名に「ドンキ」出現、NEOPASA清水に「ミチドンキ」 10月6日よりオープン

ミチドンキNEOPASA清水店イメージ図
  • ミチドンキNEOPASA清水店イメージ図
  • NEOPASA 清水周辺マップ
  • 施設内出店エリア
  • 新業態「ミチドンキ」ロゴ

ドン・キホーテは、新東名高速道路「NEOPASA(ネオパーサ)清水」内に、「ミチドンキ NEOPASA清水店」を10月6日から約6か月の期間限定で出店すると発表した。

ドン・キホーテグループでは、多様な業態開発の一環として、2015年10月にJR大阪駅構内へ初のエキナカ業態となる「エキドンキ エキマルシェ大阪店」を、2016年6月には羽田空港へ「ソラドンキ羽田空港店」を出店。公共交通施設における小型フォーマットのディスカウントバラエティショップを展開している。

今回、新たなプロトタイプ店舗として、高速道路の休憩・商業施設内に新業態「ミチドンキ」を出店し、スペース創造のさらなる可能性を広げる。

ミチドンキ NEOPASA清水店のコンセプトは、「食のバラエティショップ」。多方面から多くの人が立ち寄るサービスエリアという環境を考慮し、季節に応じた地場のフルーツやご当地限定のお菓子といった地域特性のある商品に加え、ドン・キホーテでも人気の焼き芋をはじめとしたモバイルフードを取り揃える。また、つい立ち寄りたくなる「お祭りの屋台」をイメージした空間演出で、老若男女を問わず、運転の合間に気分をリフレッシュできるスペースを創出する。

営業時間は9時から21時まで。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集