横浜ゴム、スタッドレスタイヤ アイスガード6のランフラットモデルを発売へ

ヨコハマ アイスガード6 Z・P・S
  • ヨコハマ アイスガード6 Z・P・S

横浜ゴムは、乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガード6」にランフラットモデル「アイスガード6 Z・P・S」を設定し、10月1日から発売する。

アイスガード6 Z・P・Sは昨年9月発売のたアイスガード6をベースに開発したランフラット・スタッドレスタイヤ。サイドウォールにはランフラット構造タイヤであることを示す「Z・P・S」マークが打刻されている。

新製品は同社グローバルフラッグシップタイヤ「ADVAN Sport V105」のランフラットサイズにも搭載されている「Z・P・S ビードフィラー」を採用。ビードフィラー小型化と2ndフィラーの組み合わせにより、ランフラット耐久に寄与する。さらに専用のプロファイル、構造を開発することで、アイスガード6の優れた氷上・ウェット性能と、空気が抜けた状態(ゼロプレッシャー)での耐久性を高次元でバランスさせた。

発売サイズは275/40RF20 102Q、245/45RF20 99Q、245/50RF19 105Q XL、225/60RF18 104Q XLの全4サイズ。価格はオープン。

ランフラットタイヤはパンクなどで空気が抜けた状態でも一定速度で一定距離を走行できるタイヤ。パンク時の走行安全性の向上、スペアタイヤ不要による車両軽量化などのメリットがある。横浜ゴムは独自開発のサイド補強型ランフラットタイヤ「Z・P・S」シリーズを展開しており、スタッドレスタイヤでは今回のアイスガード6 Z・P・Sに加え、「アイスガード トリプル Z・P・S」を販売しているほか、ADVAN Sport V105のランフラットサイズやV103系パターンを採用した「ADVAN Sport Z・P・S」を展開している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集