アシックスのワーキングシューズをモータースポーツの中で体験

ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018
  • ASICS WORKING FESTA 2018

アシックスジャパンは29日、同社のワーキングシューズの魅力を伝える「ASICS WORKING FESTA 2018」を東京・お台場のパレットタウンで開催。スポンサーするレーシングマシンの乗車体験や、タイヤ交換チャンレンジなどを行った。

アシックスのシューズといえば、スポーツ界では多くの愛用者がいるブランドだ。しかし20年前からワーキングシューズも取り扱っていることはあまり知られていない。最近はモータースポーツのピットクルーや、スタッフの足元を支えるブランドとして認知を広めている。アシックスは2016年からレースの世界のサポートを始め、今ではSUPER GT、スーパーフォーミュラ、ニュルブルクリンク24時間、2輪レースと活動の場を広げている。

「ASICS WORKING FESTA 2018」ではそれらのワーキングシューズの良さを知ってもらうために初めて開催されたイベントだ。

サポート契約をしているインギング、セルモ、トヨタGAZOO Racing、2輪のTeam HRCの協力のもと、多くのレーシングマシンが展示され乗車体験が行われた。JMS P. MU/CERUMO・INGINGからは、今シーズン実際にスーパーフォーミュラで戦っている、国本雄資選手が乗る「SF14」が登場し、乗車体験のほかにタイヤ交換チャレンジなども行われた。その際には実際にワーキングシューズに履き替えて、雨に濡れたタイルでの滑りにくさを一般の人も体験した。

アシックスジャパンのワークプロダクト事業部の小川博之氏は「モータースポーツ分野はワーキングシューズとの親和性が高いので、メカニックの方々の口コミで徐々に広がりを見せています」と語った。

会場にはポップアップショップも展開。ウィンジョブシリーズの数量限定生産の「ウィンジョブREDHOT(レッドホット)」も先行販売された。ASICS WORKING FESTA 2018は30日まで開催予定。30日は台風の影響で時間変更する場合もあり。

《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース