岡山県津山市の扇形機関車庫などを鉄道記念物に指定…地域と連携した鉄道遺産の活用を評価 10月14日

鉄道 企業動向
鉄道記念物に指定されることになった「旧津山扇形機関車庫と転車台」の全景。2016年から鉄道の歴史や仕組みを紹介する「津山まなびの鉄道館」として活用されている。扇形機関車庫は姫新線が全通した1936年に設置された。
  • 鉄道記念物に指定されることになった「旧津山扇形機関車庫と転車台」の全景。2016年から鉄道の歴史や仕組みを紹介する「津山まなびの鉄道館」として活用されている。扇形機関車庫は姫新線が全通した1936年に設置された。
JR西日本は9月13日、岡山県津山市の「旧津山扇形機関庫と転車台」を、10月14日の「鉄道の日」に鉄道記念物に指定すると発表した。

鉄道記念物は、日本の鉄道において歴史的、文化的に重要なものを対象に旧日本国有鉄道(国鉄)が1958年に制定し、1987年にJRグループ各社が引き継いだ。これに対して、地域的に重要なものを「準鉄道記念物」としており、JR西日本では鉄道記念物や準鉄道記念物の候補を「登録鉄道文化財」に指定。2004年からは準鉄道記念物の鉄道記念物への格上げ指定を開始している。

今回の「旧津山扇形機関庫と転車台」も格上げ指定となるが、こちらは登録鉄道文化財からの格上げとなる。地域共生企業を目指すとしているJR西日本は、津山市など地域と連携して鉄道文化遺産を活用している点を評価した。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集