トヨタ、完成車両工場の稼働を9月11日より順次再開 平成30年北海道胆振東部地震

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ堤工場
  • トヨタ堤工場
  • 平成30年北海道胆振東部地震(9月8日撮影、北海道厚真町) (c) Getty Images
  • 平成30年北海道胆振東部地震(9月8日撮影、北海道厚真町) (c) Getty Images
  • 平成30年北海道胆振東部地震(9月8日撮影、北海道厚真町) (c) Getty Images
  • 平成30年北海道胆振東部地震(9月8日撮影、北海道厚真町) (c) Getty Images
トヨタ自動車は、北海道胆振東部地震の影響で稼働を停止していた完成車両工場について、9月11日から13日にかけ、段階的に再開すると発表した。

トヨタ自動車の元町・高岡・堤・田原の各工場および、豊田自動織機・トヨタ車体・岐阜車体・日野・ダイハツ・トヨタ自動車九州・トヨタ自動車東日本といったボディメーカー各工場は、震災の影響による電力供給のひっ迫、部品の供給状況等から稼働を停止していた。

今回の発表によると、9月11日1直より、トヨタ自動車元町工場の全ライン、高岡・堤・田原各工場の一部ライン、豊田自動織機・トヨタ車体・岐阜車体の全ライン、日野・ダイハツの一部ラインの稼働を再開。13日1直よりトヨタ自動車の高岡・堤・田原各工場および日野・ダイハツの残りの全ライン、トヨタ自動車九州・トヨタ自動車東日本の全ラインを再開する。

なおユニット工場の稼働については、9月11日より全工場で生産を再開する予定。トヨタ自動車北海道については、9月10日より、順次稼働を再開している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集