帝人、欧州で自動車軽量化部材を製造するTier1サプライヤーを買収

自動車 ビジネス 企業動向
イナパル・プラスティコのウェブサイト
  • イナパル・プラスティコのウェブサイト
  • 記者会見に臨む帝人グループの中石昭夫執行役員
帝人は自動車部品事業を強化する一環として、ポルトガルの自動車向け複合材料成形メーカーであるイナパル・プラスティコを買収すると発表した。

イナパルは、熱硬化性樹脂をガラス繊維に含浸させシート状にした成形材料を使った自動車部品を提供しているTier1(一次部品メーカー)で、炭素繊維を使用した軽量部品の技術を数多く持つ。自動車業界で「クラスA」と呼ばれる美麗な外観を持つ外板部品を製造する能力があり、フォルクスワーゲン、メルセデス、BMW、ジャガー、ランドローバー、ベントレーなど、欧州自動車メーカーへの幅広い採用実績を持つ。

帝人は2017年1月に北米最大の自動車向け複合材料メーカーであるコンチネンタル・ストラクチュアル・プラスチック(CSP)を買収し、Tier1サプライヤーとなるなど、自動車部品事業を強化している。今回、欧州における自動車向け複合成形材料事業拡大に向けて、欧州の自動車メーカーに幅広い採用実績を持つイナパルを買収する。

帝人は、複合成形部品のTier1サプライヤーとして、地域戦略とマルチマテリアル戦略により、自動車メーカーに対するグローバルソリューションプロバイダーとなることを目指している。イナパルの買収を、自動車向け複合成形材料事業における欧州展開の第1弾と位置づけるとともに、今後さらにM&Aを模索し、欧州の自動車メーカーの部品供給パートナーとして拡大を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • EVは音が違う…帝人グループ、内装材事業強化に向けて独ジーグラーを買収 画像 EVは音が違う…帝人グループ、内装材事業強化に向けて独ジーグラーを買収
  • ソーラーカーで南極点をめざす 帝人がプロジェクト支援、軽量・高強度素材を提供 画像 ソーラーカーで南極点をめざす 帝人がプロジェクト支援、軽量・高強度素材を提供
  • 帝人、自動車用樹脂窓のハードコート技術を開発…ガラス並みの耐摩耗性と耐候性を実現 画像 帝人、自動車用樹脂窓のハードコート技術を開発…ガラス並みの耐摩耗性と耐候性を実現
  • 帝人、米国に高性能炭素繊維製造の事業用地を取得…自動車・航空機向け 画像 帝人、米国に高性能炭素繊維製造の事業用地を取得…自動車・航空機向け

特集

おすすめのニュース