横浜ゴム、カーエアコン用内部熱交換器を開発 冷却効率を向上

自動車 ビジネス 企業動向
2重管構造の内部熱交換器を採用したカーエアコンシステムのイメージ
  • 2重管構造の内部熱交換器を採用したカーエアコンシステムのイメージ
  • フィン付き2重管構造のパイプ断面図
横浜ゴムは8月8日、カーエアコンの冷却効率を向上させる2重管型内部熱交換器(IHX)を開発したと発表した。

現在、カーエアコンの冷媒としてHFC-134aが広く使用されているが、GWP(地球温暖化係数)が1430と高いため、地球温暖化防止を目的として、GWPが4と低いHFO-1234yfへの切り替えが進みつつある。しかし、HFO-1234yfはHFC-134aと比較して冷却効率が低下するという課題があった。

今回開発した2重管型内部熱交換器は、従来、別々に構成されていた2本の冷媒配管の一部を一体化して2重管として構成したもので、高温冷媒と低温冷媒の温度差を利用して内部熱交換することでエアコンシステム全体の冷却効率を向上。HFO-1234yfへの切替えに伴う、冷却効率低下をカバーする。

また、カーエアコンシステムはエンジンルーム内の狭い空間に配管されていることから、各車種のエンジンルームレイアウトに応じた配管設計が必要。2重管型内部熱交換器は、内部にフィンを配置することで曲げても冷媒の流路が潰れないため、従来のエアコンシステム配管と同様、自由に配管設計を行うことができる。

2重管型内部熱交換器は、すでに現行型「ジープ ラングラー」および「ジープ コンパス」が採用。横浜ゴムは今後、北米を中心に販売を強化していくとともに、採用拡大に向けて高性能仕様の開発を進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集