ボッシュ、AR技術を導入…自動車整備工場メカニックの研修に

自動車 テクノロジー ネット
ボッシュが自動車整備工場メカニックの研修にAR(拡張現実)技術を導入
  • ボッシュが自動車整備工場メカニックの研修にAR(拡張現実)技術を導入
ボッシュは7月31日、AR(拡張現実)テクノロジーを自動車整備工場のメカニックの研修に導入する、と発表した。

ボッシュは将来、ARが「つながる整備工場」のユーザーインタフェースになると想定。ARは、コネクテッドワークショップによって収集された複雑多岐な診断データの分析結果を、わかり易く、的確に可視化することができる。

また、ARグラスを使用することで、ハンズフリーで作業を行うことが可能。ARは、つながる整備工場の全ての業務において役立ち、効率化と生産性の向上に役立つという。

今回ボッシュは、ARテクノロジーを、自動車整備工場のメカニックの研修に導入すると発表。研修参加者がスマートフォンやタブレット端末、スマートグラスを車両に向けると、実際の画像の上に、解説や3Dオブジェクト、ビデオが表示される。

ボッシュは2018年秋から、ドイツのボッシュ・サービス・トレーニング・センターで開催される研修に、ARでサポートされた最初のサービストレーニングを導入する予定。参加者が最終試験に合格すると、ハイブリッド車、EV、燃料電池車のハイブリッドシステムの電源を切ったり、ハイブリッドコンポーネントを処理したりすることが可能、としている。

SUBARU(スバル)は、主力SUVの新型『フォレスター』を7月19日に発売した。月間2500台…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェのEVスポーツカー、ミッションE をARで解説…グーグルとアプリを共同開発 画像 ポルシェのEVスポーツカー、ミッションE をARで解説…グーグルとアプリを共同開発
  • 3Dの拡張現実アプリ、「メルセデスcAR」を開発…車両をリアルに体験 画像 3Dの拡張現実アプリ、「メルセデスcAR」を開発…車両をリアルに体験
  • 【スバル フォレスター 新型試乗】“飛び道具”はないが、実直な作りがじわじわと…島下泰久 画像 【スバル フォレスター 新型試乗】“飛び道具”はないが、実直な作りがじわじわと…島下泰久
  • 車両をバーチャル体験、BMW i がARアプリ配信…アップル ARKit で 画像 車両をバーチャル体験、BMW i がARアプリ配信…アップル ARKit で

特集