中古車登録台数、2.2%減の198万2711台で3年ぶりのマイナス 2018年上半期

自動車 ビジネス 国内マーケット
中古車販売店(参考画像)
  • 中古車販売店(参考画像)
  • 中古車販売店(参考画像)
日本自動車販売協会連合会は7月11日、2018年上半期(1~6月)の中古車登録台数を発表。前年同期比2.2%減の198万2711台で3年ぶりのマイナスとなった。

車種別では、乗用車が同2.4%減の174万0813台で2年ぶりのマイナス。このうち、普通乗用車は同0.1%減の93万2070台で4年ぶりのマイナス、小型乗用車も同4.9%減の80万8743台で2年ぶりのマイナスとなった。

貨物車は同0.5%減の19万7003台で3年ぶりのマイナス。普通貨物車は同1.8%増の8万5709台で3年連続プラスと好調だったが、小型貨物車は同2.2%減の11万1294台で3年ぶりのマイナスとなった。

バスは同3.3%増の7317台で2年ぶりのプラス、その他が同1.3%減の3万7587台で2年連続のマイナスだった。

創業は1994年。当時は輸入車をメインに取り扱う中古車販売店がほとんどなかったため、現社長の…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集