車検の有効期間を延長、広島と岡山の一部地域で 平成30年7月豪雨

国土交通省は、平成30年7月豪雨被害を受けた広島県、岡山県の一部地域を使用の本拠とする自動車のうち、車検有効期間が2018年7月7日から7月22日までの車両について、自動車検査証の有効期間を7月23日まで延長すると発表した。

自動車 社会 行政
国土交通省
  • 国土交通省
国土交通省は、平成30年7月豪雨被害を受けた広島県、岡山県の一部地域を使用の本拠とする自動車のうち、車検有効期間が2018年7月7日から7月22日までの車両について、自動車検査証の有効期間を7月23日まで延長すると発表した。

豪雨被害に伴って被害地域を使用の本拠とする車両は、継続検査を受けることが困難で、自動車検査証の有効期間が切れ、使用に支障が生ずるおそれがある。このため、道路運送車両法第61条の2の規定を適用し、自動車検査証の有効期間を伸長する。有効期間伸長の適用を受けた自動車の自動車損害賠償責任保険(共済)の契約期間は、伸長された期間内の継続検査を申請する時までに契約すればよいこととなる。

対象は広島県呉市、広島県安芸郡坂町、岡山県倉敷市を使用の本拠を有する車両のうち、車検有効期間が2018年7月7日から7月22日までのもの。

今後、対象地域の状況に応じて有効期間の再伸長や対象車両の追加を検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集