70年代調カスタム軽『アナトラ』発売、自分仕様の内外装で個性をアピール

自動車 ニューモデル 新型車
ユアブランドオリジナルカー「アナトラ」
  • ユアブランドオリジナルカー「アナトラ」
  • ユアブランドオリジナルカー「アナトラ」
  • 多数のシートデザイン
  • 革巻きステアリングのステッチカラー
  • ユアブランドオリジナルカー「アナトラ」
  • ユアブランドオリジナルカー「アナトラ」
  • シートの素材、カラーはPVCレザー、本革他多数、30色以上有り
シートカバー製造販売のユアブランド(山口県)は、外装を自分仕様に仕立てて購入できる、70年代調オリジナル軽自動車『アナトラ』を発売した。

1964年にスリッパメーカーとして創業したユアブランドは、1982年に縫製技術を生かして自動車シート表皮の縫製下請けをスタート。2000年には自社デザインの自動車用シートカバーの設計・製造販売を開始した。カーインテリアのデザイン経験を生かし、今回初めてのエクステリアのデザイン、設計、製造販売を行う。

「アナトラ」とはイタリア語でアヒルの意味。フロントフェイスの上下モールとグリルがアヒルのくちばしのように見えるため、命名したという。同モデルは、2015年の東京オートサロンにてハンドメイドのプロトタイプモデルを発表、会場での好評を受け、市販化を決定。3年の歳月を経て量産が可能になり、販売を開始した。

アナトラは、国産軽自動車をベースに各パーツを組みかえてオリジナル化することで、1970年代ふうの外観となる。基本構成はフロントマスクとリヤバンパーガーニッシュだが、オプションとしてフェンダーミラー、ウインドウガーニッシュ、リヤディフューザー、センターマフラー、サイドデカール等を用意。よりクラシックでレーシーな外観に仕上げることもできる。また、インテリアもシートのデザイン、本革ステアリング、内張りなど、30色以上のレザーや本革、ステッチの中から好きな組み合わせ、自分だけのインテリアを創り出すこともできる。

価格は170万円から。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • じぷた、三輪車、ベンツ、クラシック消防車…東京国際消防防災展2018[詳細画像] 画像 じぷた、三輪車、ベンツ、クラシック消防車…東京国際消防防災展2018[詳細画像]
  • 羽生市の市民祭りにオールドカーが集結…昭和のクラシックカーフェスティバル 画像 羽生市の市民祭りにオールドカーが集結…昭和のクラシックカーフェスティバル
  • 【光岡 ヒミコ 試乗】クラシカルなスタイリングだけにこだわって何が悪い…諸星陽一 画像 【光岡 ヒミコ 試乗】クラシカルなスタイリングだけにこだわって何が悪い…諸星陽一
  • 旧車の同乗体験が大人気…関東工大クラシックカーフェスティバル 画像 旧車の同乗体験が大人気…関東工大クラシックカーフェスティバル

おすすめのニュース