カルソニックカンセイは技術とモノづくりを3つのゾーンで紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ビジネス 企業動向

カルソニックカンセイのブースイメージ
  • カルソニックカンセイのブースイメージ
カルソニックカンセイは、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展する。

今回のブースは、同社のシンボルカラーである青を基調とした「BLUE GATE」とし、変化する自動車業界を支える独自技術とモノづくりを3つのゾーンで紹介する。

エネルギーロスを最小にするシステムソリューションを紹介する「エネルギーマネジメント」では、自動車のエネルギーマネジメントの6つの技術領域において開発ロードマップやカルソニックカンセイの開発力を動画と美しく幻想的なモデルで表現するとともに、技術ショーケースとして開発製品の実物と自由に閲覧可能なタブレットコンテンツを展示する。

キャビンシステムの総合インテグレーターとして、自動運転時代の快適性と利便性を実現する「キャビンイノベーション」では自動運転時代のキャビンの快適性と利便性を実現する技術について3つのコンセプトモデルで表現する。これに加えて、サイバー攻撃から車を守るセキュリティに関するサービス・製品を、コンセプトモデルの中で展示する。

また、同社は今年創業80周年を迎えることから、モノづくりへの誇りと情熱、未来に引き継ぐDNA(ヒストリー)を「80thコーポレート」で紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集