ガソリンスタンドを経営する福島県の総合商社がJHyMに参画 17社に

エコカー EV

日本水素ステーションネットワーク(JHyM)発作の記者会見
  • 日本水素ステーションネットワーク(JHyM)発作の記者会見
  • トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像)
日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)は、新たにインフラ事業者1社が参画したと発表した。今回の参画によって11社でスタートしたJHyMの参画企業は17社、このうちインフラ事業者が7社となった。

今回、新たに参画した根本通商は福島県いわき市に所在地をおき、1949年の創業以来、石油製品や生コンクリートなどを取り扱う地元総合商社。また、ガソリンスタンド事業も展開し、地域社会に密着した事業を展開している。同社は「次代を創造する確かな基盤」を掲げており、今回、水素ステーション事業への参入に向けてJHyMに参画した。

JHyMの菅原英喜社長は「地域を基盤に事業展開されている企業がJHyMに参画することは、今後、様々な地域での水素ステーション整備へ端緒を開くこととなる」とコメントしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース