ルノー世界販売、4.8%増の93万台 2018年第1四半期

自動車 ビジネス 海外マーケット

ルノー・セニック
  • ルノー・セニック
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー コレオス 新型
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・ゾエ
ルノーグループは、2018年第1四半期(1~3月)の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は93万5041台。前年同期比は4.8%増だった。

全販売台数93万5041台の主な内訳は、乗用車が前年同期比5.2%増の80万7605台。LCV(小型商用車)は、2.1%増の12万7436台。ともに前年超えを達成する。

またブランド別では、ルノーが前年同期比2.3%増の64万8531台。ダチアは前年同期比13.8%増の17万1577台と、2桁の伸び率。韓国のルノーサムスンは、26.4%減の1万9105台と、大きく減少。新たに傘下入りしたロシアのラーダは、31.3%増の8万6090台と伸びた。

市場別で見ると、欧州が堅調。2018年第1四半期のルノーグループの欧州新車販売は、49万2470台。前年同期比は2.8%増と、プラスを維持する。市場シェアは前年同期に対して、0.6ポイント増とした。

国別の販売台数ベスト5は、フランスが17万7689台でトップ。以下、ロシアが11万2309台、ドイツが5万6932台、イタリアが5万5778台、スペインが4万4304台で続いている。

ルノーグループの2017年の世界新車販売台数は、過去最高の376万1634台。前年比は8.5%増と、5年連続で前年実績を上回った。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集