IoTで車両の稼働率を向上する…日立とペンスキーが協業

日立製作所は、総合トランスポーテーションサービス企業であるペンスキーとデジタル技術やIoT技術を活用し、車両の稼働効率を向上する取り組みを開始する。

自動車 ビジネス 企業動向
ペンスキーのウェブサイト
  • ペンスキーのウェブサイト
日立製作所は、総合トランスポーテーションサービス企業であるペンスキーとデジタル技術やIoT技術を活用し、車両の稼働効率を向上する取り組みを開始する。

ペンスキーは、日立オートモーティブシステムズをはじめとする日立グループと2012年に米国インディカー・シリーズに参戦する「チーム・ペンスキー」のスポンサー契約を締結し、スポンサーシップに基づくパートナーシップを構築してきた。また、両社は、ペンスキーのデジタルトランスフォーメーションの実現に向け、広範な事業領域で連携してきた。

2017年からは、ペンスキーが保有する車両データを活用し、車両の稼働効率向上を図る活動を進めている。

ペンスキーと日立は今後、人工知能(AI)などのデジタル技術や日立のIoTプラットフォーム「Lumada」を活用した様々な活動を進めていく。

ペンスキー社は、乗用車販売、トラックリース、ロジスティックス、モータースポーツなどの領域で売上260億ドル、世界3300拠点、従業員5万人以上をもつ総合トランスポーテーションサービス企業。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集