睡眠不足での乗務禁止を明確化…バス・タクシー・トラックのドライバー

自動車 テクノロジー 安全
タクシー(イメージ)
  • タクシー(イメージ)
国土交通省は、バス・タクシー・トラック事業の運転者の睡眠不足による事故防止を推進するため、睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないことを明確化、点呼簿の記録事項として睡眠不足の状況を追加する。

居眠り運転に起因する事故を防止するとともに、働き方改革を進める観点から、運転者の睡眠時間確保についてバス・タクシー・トラック事業者の意識を高めるため、旅客自動車運送事業運輸規則と貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正する。

規則の事業者が乗務員を乗務させてはならない事由として、睡眠不足を追加する。事業者が乗務員の乗務前に行う点呼で報告を求め、確認する事項として睡眠不足により安全運転をすることができないおそれの有無を追加する。

運転者が遵守する事項としては、睡眠不足により安全な運転をすることができないおそれがある場合は、事業者に申し出ることを追加する。

また、旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用と、貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用にそれぞれ点呼時の記録事項に睡眠不足の状況を追加する。

2018年6月1日に施行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 睡眠不足が事故につながる---自動車運送事業者に認知するよう指針を改正 画像 睡眠不足が事故につながる---自動車運送事業者に認知するよう指針を改正
  • 運転中の脳血管疾患に対策、自動車運送事業者向けにガイドラインを策定 画像 運転中の脳血管疾患に対策、自動車運送事業者向けにガイドラインを策定
  • ドライバー異常対応システムや先進ライトの導入を支援…自動車運送事業者を対象 画像 ドライバー異常対応システムや先進ライトの導入を支援…自動車運送事業者を対象
  • 高速道での救援連絡は「安全な場所に避難してから」 JAFが注意を呼びかけ 画像 高速道での救援連絡は「安全な場所に避難してから」 JAFが注意を呼びかけ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース