「ファンキーすぎるセダン」市販モデルを激写! 発表は年内か

自動車 ニューモデル 新型車

LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
  • LYNK & CO 03 スクープ写真
中国の吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)が立ち上げた新ブランド「LYNK & CO」。次世代の小型セダンとして登場する『03』の市販型プロトタイプを、摂氏マイナス20度のスカンジナビアでカメラが捉えた。

今回のプロトタイプは、以前捉えたテストミュールではなく、全て市販型パーツが装備されていた。撮影に気づいたドライバーは、すぐさまカメラを遮りシートカバーをかけてしまったが、その後ふたたび撮影することに成功した。

2017年の上海モーターショーで公開された「03コンセプト」は、SUVである『01』のフロントデザインを継承した斬新な“爬虫類顔”から、欧米で「ファンキーすぎるセダン」と呼ばれていた。

市販型では、そのデザインがどこまで反映されるか注目されていたが、プロトタイプを見る限りデュアルヘッドライトやワイドなグリル、L字型テールライトなど、コンセプトモデルに酷似していることが分かった。

プラットフォームには、ジーリーが傘下に収めるボルボと共同開発した「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を採用。室内にはフルデジタル・クラスタ、大型インフォテイメントディスプレイを配置する他、デジタル車載シェアボタンなどを装備し、「世界で最も進んだコネクテッドカー」を目指して市販化される予定という。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジン、2リットル直列4気筒エンジン、1.5リットル直列3気筒エンジン+電気モーターのPHEVなどがラインアップ予定だ。

ワールドプレミアは、2018年内と思われる。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集