2017年モータースポーツ顕彰、佐藤琢磨に決定 特別顕彰はハルク・プロとグッドスマイルレーシング

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
佐藤琢磨選手
  • 佐藤琢磨選手
  • グッドスマイルレーシング&チーム UKYO
  • 水野涼選手
  • 高橋巧選手
  • 福住仁嶺選手
  • 前田恵助選手
鈴鹿サーキットは2月21日、モータースポーツの発展やファン拡大につながる活躍をした個人、団体を表彰する「2017年モータースポーツ顕彰」に佐藤琢磨選手を選出した。

鈴鹿サーキットでは、1987年からモータースポーツの発展、振興、ならびにファン拡大につながる顕著な活躍、活動、功績を残した個人、団体を対象にモータースポーツ顕彰を、また大きな活躍が期待される個人を対象にライジングアワードを設定し、その功績を広く知ってもらうとともに感謝の意を表してきた。

2017年度も東京運動記者クラブモータースポーツ分科会、JMS(日本モータースポーツ記者会)、JRPA(日本レース写真家協会)、ロードレース記者会の協力のもとに表彰者、団体を選出し、顕彰を決定した。

2017年モータースポーツ顕彰は、インディ500でアジア人初の優勝を達成した佐藤琢磨選手を選出。世界三大自動車レースの一つに数えられるインディ500での勝利は、多くの感動を与えるとともに内閣総理大臣顕彰を受賞するなど、日本におけるモータースポーツの地位向上に貢献した。

モータースポーツ特別顕彰は、「ハルク・プロ」および「グッドスマイルレーシング&チーム UKYO」を選出した。ハルク・プロは、全日本ロードレースの最高峰クラスJSB1000で高橋巧選手が、J-GP2では水野涼選手がチャンピオンを獲得し2クラスを制覇。また、元所属ライダーである中上貴晶選手の2018年シーズンからのMotoGP昇格が決定するなどチームとしての注目を集めた。グッドスマイルレーシングはSUPER GTシリーズ(GT300)でドライバーズチャンピオンと2011年以来2度目のチームタイトル、そして年間最優秀メカニック賞を獲得。さらにスパ24時間レースへの参戦や、2018年より新たに開催される「鈴鹿10時間耐久レース」へのいち早い参戦表明など、幅広く積極的な活動を展開した。

モータースポーツ功労顕彰は横浜ゴム。創業以来、長年にわたり数多くの四輪カテゴリーにタイヤを供給し、2017年は、全日本スーパーフォーミュラ選手権や全日本F3選手権、スーパー耐久シリーズなどへのワンメイクタイヤ供給のほか、SUPER GTではGT300クラスでグッドスマイルレーシング&チーム UKYOがチャンピオンを獲得するなど、創立100周年のメモリアルイヤーにふさわしい活躍を見せた。

またライジングアワードは、四輪では福住仁嶺選手を、二輪では前田恵助選手を選出。福住選手は2013年に鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラを卒業し、スカラシップを獲得。2016年よりGP3に参戦、2017年は開幕戦のレース1で初優勝を挙げ、シーズン3位となった。2018年はF2にステップアップするとともに、国内最高峰の全日本スーパーフォーミュラ選手権への参戦も決定。次世代の四輪レース界を背負う選手として期待を集めている。前田選手は2017年、全日本ロードレースST600クラスでシリーズチャンピオンを獲得。また鈴鹿8耐では初参戦ながらSSTクラス優勝を達成した。2018年は、ヤマハのユースチームに加入し、最高峰クラスであるJSB1000クラスへのステップアップも決定。今後のさらなる活躍が期待される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集