ケーヒン、台場R&Dオフィス開設へ パワートレイン電子制御領域の開発強化

自動車 ビジネス 国内マーケット

ケーヒン(ロゴ)
  • ケーヒン(ロゴ)
ケーヒンは、パワートレインの電子制御領域の開発強化を目的として、東京台場に「台場R&Dオフィス」を2018年4月に開設すると発表した。

自動車業界ではパワートレインの電動化が加速し、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域への研究開発も拡大している。そうした中、これまで自動車メーカーが担ってきたエンジンの開発領域(上流領域)を自動車部品メーカーが担うことで、業界全体の開発量を拡大していく動きが見られる。

ケーヒンは、こうした背景を受け、エンジンの提案型・上流化開発や次世代電動車の制御技術の構築など、電子制御領域の開発を強化。さらに、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域に関するリサーチおよび技術イノベーションを強化していく。その環境づくりのため、現在、本社(東京都・新宿)でエンジンのソフトウェア開発を行う部門を台場R&Dオフィスに移動させるとともに、人員のさらなる拡充を図る。

同社は、自動車メーカーが担ってきたエンジンでの電子制御領域の開発を担うことで、システムを構成する製品の受注拡大を図とともに、将来的には電動車両の電子制御領域の開発も担う強いサプライヤーへの進化を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集