DS、国際自動車フェスティバルに参加---大統領専用のDS 7クロスバックも出展予定

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
PSAグループの高級車ブランド、DSはフランス・パリで1月31日から2月4日まで開催される「第33回国際自動車フェスティバル」に参加すると発表した。

今年の国際自動車フェスティバルでは、DSは『DS 7クロスバック』を中心に出展。DS7クロスバックは、DSブランドの最上級クロスオーバー車。ボディサイズは、全長4570mm、全幅1890mm、全高1620mm。室内は、2個の大型ディスプレイが採用され、コネクティビティを追求。トランク容量は628リットルを確保する。

パワートレーンには、プラグインハイブリッド(PHV)を設定。最大出力200hpのガソリンエンジンに、2個のモーター(それぞれ109hp)を組み合わせる。二次電池は蓄電容量13kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大およそ60kmのゼロエミッション走行を可能にしている。

また、国際自動車フェスティバルには、DS 7 クロスバックのフランス大統領専用車を展示する予定。2017年5月の大統領就任パレードに起用されたDS 7 クロスバックには、フランスの「Atelier Maury」のクラフトマンシップによる特別仕立てのインテリアをはじめ、パレードを行う大統領専用車ならではのオープンルーフ機構を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集