ZMP、センチオーダーの高精度位置計測ソリューションを発売…最大5kmエリアに対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

GPSアンテナ(左)と補正信号送受信機
  • GPSアンテナ(左)と補正信号送受信機
  • ビューワ画面、左が相対位置、右が衛星捕捉情報
  • システム構成
ZMPは、最大5kmエリアでセンチオーダーの高精度計測ができる位置計測ソリューション「ZMP RTK Position-Z」の販売を開始した。

新製品はGPSとGLONASS、2つの衛星測位システムに対応し、RTK(リアルタイムキネマティック)によりセンチオーダーの位置計測が可能。テストコースや作業フィールド、キャンパス内などでの車両走行実験や、建機・農機、自律移動ロボットなど、移動体の自動走行時の位置計測システム、また、リファレンスシステムなどで活用できる。

RTKとは、フィールド内に固定する基準局から位置補正データを携帯電話や無線などで車両等に搭載する移動局に送信し、移動局の位置をリアルタイムで測定する方法。新製品には基準局と移動局、アンテナや補正信号送受信機、および、ビューワアプリケーションなどのソフトウェアが含まれる。

RTKのための補正データは無線(Zigbee)により配信。従来30mの計測範囲だったが、中継器(オプション)を利用することで100mまでの計測エリアに対応。さらに、Android端末を使ったインターネット経由での補正データ利用(別途サーバー構築要)により、最大5kmエリアでの計測にも対応し、実験環境に応じて柔軟なシステムが構築できる。

付属ソフトウェアでは、衛星の捕捉状況に加えて無線によるRTK補正データの取得状況をリアルタイムに表示。計測環境の調査・構築をスムーズに進めることができる。また、計測データを地図(オープンストリートマップ)上へ重畳表示させたり三次元表示を行うビューワも付属する。

価格(税別)は210万円より。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集