軽四輪車中古車販売、3年ぶりプラス…2.6%増の307万1577台 2017年

自動車 ビジネス 国内マーケット
参考画像
  • 参考画像
  • ダイハツ・タント(2013年)
全国軽自動車協会連合会は1月24日、2017年12月および2017年(1~12月)の軽四輪車中古車販売台数を発表した。

●4.3%増の23万8513台で10か月連続プラス 12月

12月の軽四輪車中古車販売台数は、前年同月比4.3%増の23万8513台と10か月連続のプラスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同8.8%増の7万6402台で12か月連続トップ。2位スズキは同1.5%増の7万2849台だった。そのほか、三菱とスバルを除く国内ブランドすべてが前年同月実績を上回った。

車種別では、乗用車が同6.5%増の18万7977台、貨物車は同3.1%減の5万0536台。このうち、バンが同3.5%減の2万5433台、トラックが同2.6%減の2万5103台だった。

●ダイハツ、スズキを抑え初のトップ 2017年

2017年の軽四輪車中古車販売台数は、前年比2.6%増の307万1577台で3年ぶりのプラスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同3.3%増の96万4162台で統計開始以来、初のトップ。新車販売で3年連続首位の座をキープするダイハツが中古車市場でもトップに立った。初の2位転落となったスズキは同0.1%減の94万5497台。3位ホンダは同5.9%増の45万8232台だった。

車種別では、乗用車が同4.0%増の241万4874台、貨物車が同2.1%減の65万6703台。貨物車の内訳はバンが同3.5%減の32万8746台、トラックが同0.7%減の32万7957台だった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集