PSAグループ、北米本社をアトランタに開設へ…26年ぶりの復帰が本格化

自動車 ビジネス 企業動向
米国ジョージア州アトランタ(イメージ)
  • 米国ジョージア州アトランタ(イメージ)
PSAグループは1月23日、北米本社を米国ジョージア州アトランタに開設すると発表した。

PSAグループは2016年に発表した新経営戦略「Push to Pass」において、北米市場への再参入計画を公表。PSAグループ傘下のシトロエンとプジョーは、かつて北米に進出していたものの、販売不振などを理由に、シトロエンが1974年、プジョーが1991年、それぞれ市場から撤退していた。

2017年10月、PSAグループは米国で新たなモビリティサービスとして、カーシェアリング事業者とユーザーを結ぶ「Free2Move」を開始。PSAグループにとって、26年ぶりの北米事業。同社はこれを足がかりとして、北米市場で再び新車販売を行うことを目指す。

今回、PSAグループは、北米本社を米国ジョージア州アトランタに開設すると発表。北米本社は、2018年2月までに稼働する予定。同社はこれにより、北米市場への本格的な復帰に向けた取り組みを強化していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集