インフィニティ、初のEVを2021年以降に市販へ…デトロイトモーターショー2018で発表

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは1月16日、デトロイトモーターショー2018で開催された「Automotive News World Congress」において、2021年以降に電動パワートレインを搭載した新型EVを投入すると発表した。

自動車 ニューモデル モーターショー
インフィニティQインスピレーション・コンセプト(デトロイトモーターショー2018)
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト(デトロイトモーターショー2018)
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは1月16日、デトロイトモーターショー2018で開催された「Automotive News World Congress」において、2021年以降に電動パワートレインを搭載した新型EVを投入すると発表した。

インフィニティの新型EVは、デトロイトモーターショー2018で初公開されたコンセプトカー、『Qインスピレーション』のような流麗なデザインを採用する予定。インフィニティの現行パワートレーンを進化させた全く新しいレベルの電動走行を可能にするという。

また、ピュアEVと、日産『ノート』に採用された「e‐POWER」を搭載した2種類の電動車両を発売する計画。インフィニティのe‐POWERも、日産ブランド同様、小型ガソリンエンジンを使用して高出力バッテリーを充電する技術。外部充電が不要なため、ガソリン車のような利便性と100%モーター駆動ならではの走行を可能にする。

インフィニティは、低排出ガス技術の導入を重点的に進める方針。2025年までに、世界販売台数の半数以上が電動車両になると想定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集