メルセデスベンツ、 2018年より平均1%値上げ…A/B/Eクラスなど

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ各モデルの一部価格を、2018年1月1日より平均約1%値上げすると発表した。

自動車 ビジネス 国内マーケット
メルセデスベンツ E200 ステーションワゴン アバンギャルド
  • メルセデスベンツ E200 ステーションワゴン アバンギャルド
  • メルセデスベンツ 新価格
  • メルセデスベンツ 新価格
  • メルセデスベンツ 新価格
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ各モデルの一部価格を、2018年1月1日より平均約1%値上げすると発表した。

値上げの理由は、新技術の開発、採用による製品コストの上昇、および新サービス導入への対応など。

値上げの対象となるのは、『Aクラス』、『Bクラス』、『CLA』、「CLAシューティングブレーク」、『Eクラスセダン』、「Eクラスステーションワゴン」、『GLA』、『GLC』、「GLCクーペ」、『GLE』、「GLEクーペ」、『GLS』、『Sクラス』(セダン)、『SL』、『SLC』、メルセデスAMG『GT』。

例えば、「A250シュポルト4マチック」の場合、現行495万円が6万円アップの501万円、「B180」は現行360万円が4万円アップの364万円、「E200アバンギャルド」は現行682万円が12万円アップの694万円となる。

なお『Cクラス』全車種、「Eクラスクーペ」、『CLS全車種』、「Sクラスクーペ/カブリオレ」、『Gクラス』、『Vクラス』、スマート全車種は対象外となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集