アイシン、ナビ連携でドライバーをサポートする最新シート展示予定…CES 2018に初出展

アイシン精機およびアイシンAWは、2018年1月9日から12日まで、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2018」に初出展する。

自動車 テクノロジー ネット
アイシングループのブースイメージ
  • アイシングループのブースイメージ
アイシン精機およびアイシンAWは、2018年1月9日から12日まで、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2018」に初出展する。

アイシングループは、「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクティッド」の3分野にて重点的な開発に取り組んでおり、今回の出展では特に「コネクティッド」に関する技術や開発品を実際に体感できる展示とともに紹介する。

「ナビ連携ニューマチックシート」のシミュレーターでは、空気圧によるサポート調整機能を備えたニューマチックシートと、ナビで培った位置情報技術を融合。「先読みオートサイドサポートシート」、「先読みオートリフレッシュシート」「プローブ連動お知らせシート」の3つの機能を体感できる。

先読みオートサイドサポートシートは、位置情報から取得した前方のカーブの情報にあわせてあらかじめシートのサイドサポートを作動。カーブ時の横Gに対して乗員の姿勢を安定させる。先読みオートリフレッシュシートは、周辺の道路情報を取得することで、自動運転走行中や渋滞停止中など、運転負荷が少ないドライバーにとって最適なタイミングでシートのマッサージ機能を作動させる。プローブ連動お知らせシートは進路上の交通情報をリアルタイムで察知。渋滞時などに、表示に加えシートを通じて直接身体に伝えることで、スムーズな走行が行えるようアシストする。

このほか、パーソナルモビリティ「ILY-Ai」のデモンストレーションも実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集