ポルシェ、営業利益は5%増 2017年1-9月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
ポルシェ・マカン
  • ポルシェ・マカン
  • ポルシェ・パナメーラ
  • ポルシェ・カイエン
  • ポルシェ718ボクスター
  • ポルシェ718ケイマン
  • ポルシェ911カレラ
ドイツのポルシェは11月2日、2017年1~9月期の決算を明らかにした。

同社の発表によると、1~9月期の売上高は、170億1000万ユーロ(約2兆2547億円)。前年同期の164億7000万ユーロに対して、4%の増加。

また、1~9月期の営業利益は、30億ユーロ(約3976億円)。前年同期の28億5800万ユーロに対して、5%増となった。

増益を達成した大きな要因が、新車販売の堅調さ。2017年1-9月の世界新車販売は、18万5898台。前年同期の実績に対して、4%増。ポルシェによると、将来のテクノロジーや新型車に対して、大がかりな投資を行ったにもかかわらず、高い収益性を維持したという。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「高い収益を電動モビリティや新技術に投資していく」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース