タクシーが無人滑走し、路線バスに衝突…適切な駐車措置を怠る

20日午後0時55分ごろ、大阪府大阪市北区内の市道で、路肩に停車していたタクシーが運転者不在の状態で滑走。約40mバックして走行中の路線バスに衝突する事故が起きた。この事故でタクシーを止めようとした通行人の男性が負傷している。

自動車 社会 社会
20日午後0時55分ごろ、大阪府大阪市北区内の市道で、路肩に停車していたタクシーが運転者不在の状態で滑走。約40mバックして走行中の路線バスに衝突する事故が起きた。この事故でタクシーを止めようとした通行人の男性が負傷している。

大阪府警・曽根崎署によると、現場は大阪市北区梅田1丁目付近で6車線の一方通行路。タクシーは客を降車させるために道路左側の路肩で停車していたが、運転していた76歳の男性が降車した後に滑走を開始。約40mに渡ってバックで走り、進行してきた大型路線バスの左側面部に衝突した。

この事故でタクシーが滑走するのを目撃し、運転席に入って止めようとしていた30歳代の通行人男性が路上に投げ出され、打撲などの軽傷。バスの乗客乗員にケガはなかったという。

現場はJR大阪駅の近くで、昼夜を通して交通量の多い区間。タクシーの運転者はクレジットカード用の精算機が不調のため、勤務する会社へ連絡しようとして、後部トランクに収容していた携帯電話機を取り出すために降車していた。この際、シフトレバーをパーキング位置に入れたり、サイドブレーキを使うなどの適切な駐車措置を怠ったため、無人での滑走へつながったとみられ、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース