近江鉄道日野駅でリニューアル記念イベント…元西武の「赤電」も運行 10月1日

鉄道 エンタメ・イベント
『日野駅舎再生記念号』に使われる西武401系(2代目)の生き残り820系。近江鉄道が創立120周年を迎えた2016年に、西武時代を意識した塗色に戻され、「赤電」の愛称で親しまれるようになった。
  • 『日野駅舎再生記念号』に使われる西武401系(2代目)の生き残り820系。近江鉄道が創立120周年を迎えた2016年に、西武時代を意識した塗色に戻され、「赤電」の愛称で親しまれるようになった。
滋賀県日野町は10月1日、近江鉄道日野駅舎のリニューアルを記念した「日野駅舎完成記念イベント」を開催する。開催時間は10時から15時まで。

日野駅は、現在の近江鉄道本線八日市駅(東近江市)~日野駅間が開通した1900年10月に開業した。現在の駅舎は大正時代の1916年に改築されたもので、現存する私鉄の駅舎では最古級を誇る。

築100年以上が経過したことから一時は取り壊しも検討されたが、日野町の貴重な財産として見直され、町がリニューアルのための予算を計上。耐震補強を施したうえで、カフェを併設した観光案内所「なないろ」を設置するリニューアル工事が行なわれた。

その結果、8月1日には駅務部分の使用を開始、「なないろ」は10月1日にオーブンする運びになったことから、イベントが行なわれることになった。

当日は、駅前特設広場で日野駅周辺の鉄道ジオラマの展示などが行なわれるほか、元西武鉄道の401系(2代目)で、「赤電」の愛称で親しまれている820系電車(モハ822+モハ1822)を使用した特別列車『日野駅舎再生記念号』が運行される。

この列車は、日野駅を10時25分に発車し、貴生川駅(甲賀市)折返しで11時05分に日野駅に戻る。列車到着後から14時までは、駅構内で「赤電」の公開も行なわれる。

なお、『日野駅舎再生記念号』の乗車券は、当日の8時30分から無料で発行する(先着順)。途中下車はできない。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 西武鉄道、滋賀の近江鉄道を完全子会社化 画像 西武鉄道、滋賀の近江鉄道を完全子会社化
  • 駅舎は鳥が羽ばたくイメージに…常磐線羽鳥駅が2019年度中に橋上化 画像 駅舎は鳥が羽ばたくイメージに…常磐線羽鳥駅が2019年度中に橋上化
  • 相鉄二俣川駅の新駅舎、2018年4月上旬から使用開始…増築で地上4階建てに 画像 相鉄二俣川駅の新駅舎、2018年4月上旬から使用開始…増築で地上4階建てに
  • 【アウディ Q5 新型】斎藤社長「SUVラインアップの主軸」…年販3000台目指す 画像 【アウディ Q5 新型】斎藤社長「SUVラインアップの主軸」…年販3000台目指す

特集