標高600mで星空観測…黒部峡谷鉄道が「星空トロッコ」を運行 9-10月

鉄道 エンタメ・イベント
通常は日中しか走行しないトロッコ列車が夜間走行する「星空トロッコ」。
  • 通常は日中しか走行しないトロッコ列車が夜間走行する「星空トロッコ」。
富山県黒部市の宇奈月(うなづき)駅と欅平(けやきだいら)駅を結ぶ黒部峡谷鉄道は、9~10月に「星空トロッコ」を運行する。

標高600mを誇る黒部峡谷鉄道の終点・欅平駅は、天の川が黒部峡谷を映すように夜空に広がり、流れ星が横切ることもあるという、星空観測に適した場所として知られている。

「星空トロッコ」は、トロッコ列車を夜間運行し、欅平駅で星空観測を行なうというもので、星空解説員も同行する。

実施日は、9月22~24・30日、10月1日で、各日17時01分に宇奈月駅を出発、18時24分に欅平駅に到着した後、およそ50分間、星空観測を行なう。

なお、星空が見えない時は、駅2階のレストラン「レストイン欅」で映像機器を使った星空教室を行なう。

帰路は欅平駅を19時52分に出発し、21時06分に宇奈月駅に戻る。

各日60人を募集し、旅行代金は大人5500円・子供3800円。

申込みは黒部峡谷鉄道企画広報係まで電話、FAX、ハガキで。黒部峡谷鉄道のウェブサイトでも受け付ける。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 小海線に「天空にいちばん近い列車」…7月1日にデビューする観光列車『HIGH RAIL 1375』 画像 小海線に「天空にいちばん近い列車」…7月1日にデビューする観光列車『HIGH RAIL 1375』
  • 天空の鉄路・小海線の観光列車、愛称は「1375」に 画像 天空の鉄路・小海線の観光列車、愛称は「1375」に
  • 深夜特急で星空&雲海鑑賞…ただし絶景の保証はなし、トイレも!? 画像 深夜特急で星空&雲海鑑賞…ただし絶景の保証はなし、トイレも!?
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース