応募1089名、当選率30倍! ホンダ CBR1000RR SP2 の商談権を公開抽選で決定

全世界500台、国内わずか35台の限定販売という超プレミアムモデル、ホンダ『CBR1000RR SP2』(302万4000円)。その商談権の公開抽選会が1日、東京のホンダウェルカムプラザ青山にておこなわれ、幸運な35名が決定した。

モーターサイクル エンタメ・イベント
CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
  • CBR1000RR SP2 公開抽選会
全世界500台、国内わずか35台の限定販売という超プレミアムモデル、ホンダ『CBR1000RR SP2』(302万4000円)。その商談権の公開抽選会が1日、東京のホンダウェルカムプラザ青山にておこなわれ、幸運な35名が決定した。

オーダーエントリー専用サイトには、6月5日から26日までの期間中に1089名もの申込みがあり、当選率は30倍にものぼった。

併催の『鈴鹿8耐開催目前! “CBR1000RR”スペシャルトークショー』に出演した高橋巧選手(MuSASHi RT ハルク・プロ Honda)、山口 辰也選手(Honda Dream Racing/TOHO Racing)、宮城 光氏(司会、元ホンダワークスライダー)が抽選箱に入ったエントリーカード35名分を観客の前で1枚ずつ引くという、厳正な抽選が行われた。

宮城氏は「35台ということは、47都道府県すべてに行き渡らないということですね。まず同じバイクに出会うということはないでしょう」と、その希少性を改めて紹介。

CBR1000RR SP2 はサーキット走行やレース参戦を想定し、シリンダーヘッドやピストンなどを専用設計したほか、より軽量なマルケジーニ製の前後ホイールを採用するホモロゲーションモデル。

宮城氏も「レースですぐ戦える」と太鼓判を押す。
《青木タカオ》

関連ニュース

  • 【鈴鹿8耐】ホンダ、参戦体制を発表…新型CBR1000RR SP2 でタイトル奪還ヘ 画像 【鈴鹿8耐】ホンダ、参戦体制を発表…新型CBR1000RR SP2 でタイトル奪還ヘ
  • ホンダ、CBR1000RR SP2 発売…サーキット向け大型スーパースポーツ 画像 ホンダ、CBR1000RR SP2 発売…サーキット向け大型スーパースポーツ
  • ホンダ、新型ベースの CBR1000RR SP2 レース仕様を発売 画像 ホンダ、新型ベースの CBR1000RR SP2 レース仕様を発売
  • 【ニューヨークモーターショー2017】ホンダ クラリティ エレクトリック…航続距離は128km[詳細画像] 画像 【ニューヨークモーターショー2017】ホンダ クラリティ エレクトリック…航続距離は128km[詳細画像]

特集