【人とくるまのテクノロジー2017名古屋】三菱ガス化学、CFRP向けエポキシ硬化剤などを展示予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

1,3-BAC(CFRP向けエポキシ硬化剤)
  • 1,3-BAC(CFRP向けエポキシ硬化剤)
  • サープリム(熱可塑性ポリイミド樹脂)
  • LEXTER、MX Nylon(熱可塑性 CFRP 向けポリアミド)
三菱ガス化学は、6月28日から30日にポートメッセなごやで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2017」に出展する。

同社ブースでは、自動車向けのHP-RTM成型CFRP(炭素繊維強化プラスチック)に適したエポキシ硬化剤「1,3-BAC」を出展。高Tg、速硬化(120度ゲル化1分)、低粘度という特長を持ち、成型方法、ニーズに応じた樹脂処方が可能となる。

また、融点が低く成型加工性に優れる一方、高強度、高耐熱性を有するサープリム(熱可塑性ポリイミド樹脂)を出品。CFRTPマトリックス樹脂や各種機械部品、シート、フィルムなど、さまざまな用途に利用できる。

そのほか、成形加工性と機械物性を両立するマトリックス樹脂「LEXTER、MX Nylon(熱可塑性CFRP向けポリアミド)」などを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集