50m下の川へ転落、フェンスを突き破って---乗用車の運転者が死亡

自動車 社会 社会

25日午前7時30分ごろ、宮崎県椎葉村内の国道327号を走行していた乗用車が路外に逸脱し、約50m下の川へ転落しているのを通行人が発見。警察に通報した。この事故でクルマの運転者が死亡している。

宮崎県警・日向署によると、現場は椎葉村下福良付近で片側1車線の直線区間。通行人が道路沿いに設置された金属製フェンスが破損しているのを発見。約50m下の川で乗用車が大破しているのを確認し、警察に通報した。

通報を受けた警察や消防が現場に急行。運転していた同村内に在住する29歳の男性は車内から発見されたが、全身強打などが原因ですでに死亡していたことが確認されたという。

警察ではハンドル操作を誤ってフェンスに衝突、これを突き破って転落したものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集